• レポート
  • 美術

《ART LEAP 2018》第4回ミーティングレポート

  • Archives
  • 2018.10.8

2018.10.08
9月19日(水)
今回は、池田さんが普段制作をしている共同アトリエの凸倉庫でミーティングを行いました。
ミーティング前に京都国立近代美術館やギャラリー@KCUA、崇仁小学校で展覧会を鑑賞してきましたよ。

崇仁小学校から歩いて凸倉庫へ。
凸倉庫は京都の東山にある共同アトリエで彫刻家や画家、ダンサーなど幅広いジャンルの作家が制作活動を行っています。
かつてはERIKAさんも所属していて、お二人がユニットを組むきっかけにもなった場所です。

梁に吊り下げたロープをつたってすぐさま天井にたどり着くERIKAさん。さすがです!

ミーティングでは、それぞれの進捗状況の報告や10月からのスケジュールについて話し合いました。
プレイベントやワークショップの内容、ユニット名も仮決定し、少しずつ展覧会の表面が見えて来たように思います。
次回は場所を神戸へ移して大工道具や造船関係の現場で「道具」のリサーチを行います。

(美術担当O)