• イベント
  • 美術

〈ART LEAP 2018〉tuQmoワークショップ 「道具と身体の関係性を探る」

2019年3月16日(土)

  • Archives

3.16(土)15:00〜17:00

料金 無料

アーティスト tuQmo(池田精堂 、 ERIKA RELAX)

お問い合わせ先 078-512-5500(神戸アートビレッジセンター)

お申込み方法 メール(event-info@kavc.or.jp)または電話からお申込みください。

定員 6名

30代〜40代の芸術家を対象とした公募プログラム「ART LEAP」の記念すべき第1回目の出展作家である。tuQmo(ERIKA RELAX × 池田精堂)によるワークショップを開催します。tuQmoは、ポールやエアリアルフープなどを使ったパフォーマーであるERIKA RELAXと造形作家の池田精堂によるパフォーマンスユニットになります。
ワークショップでは、tuQmoが参加者とともに新たな目的を考えそのための道具を作り、それらを用いながら道具と身体の関係について探ります。展覧会と合わせてぜひご参加ください。
※動きやすい服装でお越しください。(要申込)

※3月9日(土)に予定しておりましたtuQmoワークショップ 「道具と身体の関係性を探る」は、諸般の事情により延期することとなりました。
ワークショップ日程は、3月16日(土)15:00〜17:00に変更となります。
参加者の皆様には大変ご迷惑をお掛け致します。
なにとぞご容赦ご理解のほどよろしくお願いいたします。

〈講師プロフィール〉
tuQmo(ERIKA RELAX × 池田精堂)
ポールやエアリアルフープなどを使ったパフォーマーであるERIKA RELAXと造形作家の池田精堂によるパフォーマンスユニット。独自のスタイルや表現を求める時、最もシンプルな方法の一つは、オリジナルの道具を創る事だ。そこで使い手となるERIKA RELAX の為に、作り手である 池田精堂が新しい「道具」を作る。
互いの持つ技術や身体と物の関係、そこに派生してくる次の可能性について色々な視点で探りながら活動している。

ART LEAP 2018「道具とサーカス」
日時:2019年2月23日(土)〜3月17日(日)
会場:神戸アートビレッジセンター(1F・KAVCギャラリー、B1F・KAVCシアター、B1F・スタジオ3)
参加アーティスト:tuQmo(池田精堂 、 ERIKA RELAX)
入場無料