• イベント
  • 演劇・ダンス

KAVC FLAG COMPANY 2020-2021 努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」

2021年1月22日(金) 23日(土) 24日(日)

  • Archives

一人の中年男性がいます。自分の人生を呪っている珍しくないタイプの中年男性です。彼は恋をして、恋をしているという状態に陥ります。また彼は恋をしてしまいました。なぜなら恋というものにまだ諦めがついていないからです。そして彼は間違いを繰り返します。そのうちきっと彼には報いが訪れることでしょう。

正しいオッサンになれる自信がない。今のところ、自分のオッサン性を上手に育めている気がしない。このままいけばよくないオッサンになってしまうだろう。嫌だ。ただ、正しいオッサンとはなにか、という疑問もある。オッサン像における正しさとは。自分の将来を考えたときに、華やかなものは想像できなかった。まったく輝かしくない。一切の光がない。無明。唾棄すべきような未来が僕には待ち受けている。でも、それはそれでいいんじゃないか。そんな人生でしか拾えない真に迫った愉悦さや気楽さがあるのではないか、と思って、願って、そういうのを芝居にしようと思いました。たぶん芝居はスルスル面白いものが作れるだろうけれどものすごく迷っています、人生に。

KAVC FLAG COMPANY 2020-2021 特設サイト|公演詳細はこちら

開催概要

努力クラブ 第14回本公演「救うか殺すかしてくれ」

会場:神戸アートビレッジセンター KAVCホール
作・演出:合田団地
出演:浅野有紀、大石英史、海沼未羽、北川啓太、佐々木峻一、重実紗果、西マサト、福井菜月、御厨亮

日時:2021年
1月22日(金)19:30☆①
1月23日(土)14:00☆②/19:30☆③
1月24日(日)11:00/15:00

☆①終演後アフタートークゲスト:多田淳之介氏(東京デスロック主宰)
☆②終演後アフタートークゲスト:渋革まろん氏(劇評家)
☆③終演後アフタートークゲスト:依田那美紀氏(『生活の批評誌』編集長)

※開演時刻の45分前受付開始、30分前開場
※日時指定、全席自由。受付番号順にご入場ください。
※未就学児の入場はお断りしております。あらかじめご了承ください。
※会場のお客様用エレベーター工事中のため、車椅子など階段での移動が難しいお客様は事前にお知らせください。

【チケット料金】
一般前売 3,000円/当日 3,500円
学生前売 2,000円/当日 2,500円
高校生以下 1,000円
チケット発売日 2020年11月11日(水)12:00より

【スタッフ】
舞台監督:長峰巧弥
舞台美術:松本謙一郎
照明:渡辺佳奈
音響プラン:森永恭代/林実菜
イラスト:きんにく
デザイン:午睡舎
制作:築地静香
応援:若旦那家康(コトリ会議)

企画・製作:努力クラブ
共催:神戸アートビレッジセンター(指定管理者:公益財団法人 神戸市民文化振興財団)



さまざまな若気を「笑えないユーモア」の元で描く。

理由はないけど、何となく不満。理由はないけど、何となく死にたい。青春時代に一度は取り憑かれがちなマイナスの情念を描きつつも、印象として決して暗くなり過ぎないのは、その会話や演技のはしばしから、妙なおかしみがダダ漏れるせいだ。深刻なテーマを笑いでコーティングすることで、口当たりを柔らかくする芝居は多いが、ユーモア精神をダークな物語でおおい隠すという、こんなヒネた芝居を作るのは彼らぐらいだろう。「笑えないユーモア」と呼ぶべき舞台は、ひとクセあり過ぎるがゆえに、忘れられない観劇体験になるのは確実だ。 text by 吉永 美和子

努力クラブ

2011年、合田団地と佐々木峻一で結成しました。以降、京都を中心に活動しています。時々京都じゃない場所でもやらせてもらうこともあります。作風はといえば、決して明るくはなくて暗くて冴えないです。落ち込んでるときとか息苦しいときとか、駄目なときに見たらホッとできるような作品になってればいいな、と思いながら作っています。深呼吸みたいなのを目指しています。深呼吸みたいなのってどんなのか意味わかりませんけど。
https://doryokukurabu.blogspot.com/

団体からのコメント

孤独というものがこんなにしんどいものか。いや、自分的にはもうちょっと大丈夫かと思ってたんやけど、全然アカンというのを思い知らされた。いや、本当はそのことを知ってて、大人になるにつれて折り合いつけれるようになっただけで、自分の弱さを見て見ぬフリしてるだけやった。耐えられなくなりそうになったら、なんとかごまかして。それができるようになっただけ。強くなったって思ってたけど、ごまかす術がなくなってメッキがボロボロに剥がれ落ちたら、昔と同じ弱さ。自分の弱さには耐えかねるけど、でももう泣き方も忘れてしまってるからしんどい。 っていうのを書きたいと思います。愛されへんっていうのに思いを馳せるつもりです。