• イベント
  • 演劇・ダンス

KAVC FLAG COMPANY 2021-2022 StarMachineProject「定位」

2022年9月1日(木)3日(土)

  • Archives

役者目線で作り出す、ヒューマニティあふれる映像×俳優の融合。

生の演技と映像を組み合わせた舞台の中には、最新技術の誇示が目的のようなものもある。しかしStarMachineProjectは、懐かしさや人とのつながりなどの人間味の方が、心にジンワリと残る。それは主宰の赤星マサノリ自身が、長年関西演劇界の一線で活躍する俳優で、どんなに高度な技術を取り入れても「結局舞台を作るのは、人間の身体である」という所から、決して揺らぐことがないからだろう。テクノロジーとヒューマニティの、幸せな融合がここにはある。

text by 吉永 美和子

【重要なおしらせ】

※StarMachineProject「定位」は、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い公演延期を決定いたしました。
延期の日程に関しては決定次第HPにてお知らせいたします。

延期日程が決定いたしました。
2022年9月1日(木)~3日(土)

開催概要

StarMachineProject『定位』

2022年9月1日(木)〜3日(土)

参加メンバー:赤星マサノリ(StarMachineProject/sunday)、岩城典子、植田昇明(kasane)、久保田健二(株式会社 闇)、公文名創、サカイヒロト(WI’RE)、坂口修一、坂下丈太郎、佐藤武紀、澤田誠、柴田頼克(かすがい創造庫)、髙安美帆(エイチエムピー・シアターカンパニー)、武内美津子、年清由香(sunday)、中村るみ、細川慶太良、真木丸槇(sunday)、Mya、安元美帆子(sunday)、山口良太(slowcamp)、吉光清隆(PLAYSPACE)、若旦那家康(コトリ会議/ROPEMAN(44))

【公演日程】

2022年9月1日(木)~3日(土)
9月1日(木) 19:30★
9月2日(金) 15:30/19:30
9月3日(土) 11:00/13:30/17:00

★アフタートークあり ゲスト:きたまり(KIKIKIKIKIKI)
 

[下記内容が変更箇所となります。2022.08.06]
本公演はオールスタンディングでの公演となります。

(足腰が不自由な方は椅子を貸し出しますので、事前にご相談ください)
※受付開始・開場は各日程初回開演の60分前を予定。
※各日程の公演間は展示作品として会場を解放しております。
※各回、開演時間までにチケットの引換をお済ませください。

 
【会場】
神戸アートビレッジセンター B1F KAVCシアター
 
【料金】
一般:3,500円
学生:2,500円(要証明書)
*当日券はそれぞれ500円アップ
*全席自由
 
【チケット取り扱い】
CoRich チケット!:https://stage.corich.jp/stage/163247/ticket_apply
神戸アートビレッジセンター(窓口販売):TEL_078-512-5500 ※火曜休館

チケット販売:7月1日(金)21:00から
 
【配信チケットについて 2022.08.06追記】
本公演の、仮想空間WEB上でのライブ配信が決定しました。
配信チケットをお求めの方は、下記URLよりご購入ください。
 

Peatix:https://starmachineproject.peatix.com

 配信チケット販売:8月8日(月)21:00から
KAVC FLAG COMPANY 2021-2022 観劇パスポート購入者申込みフォーム
https://forms.gle/DWUvU4nW66EvptJJA
公演情報・劇団HP:http://akaihoshi45.net

StarMachineProject

映像とテクノロジーなどを用いて、想像へと繋がる作品にならないかを試行錯誤して制作しています。最初はプロジェクターやカメラを複数台設置したり、現実世界とヴァーチャルな世界での演劇を模索したりと視覚に重きを置いた作品づくりをしてきました。最近では視覚以外を重視するようにシフトし制作しています。メンバーは俳優はもちろんですが、映像作家、現代美術家、ダンサー、タップダンサー、ミュージシャン、エンジニアといった演劇に関係してこなかった方々にも参加してもらっています。そういう演劇のような非演劇のような、バランスを崩した演劇が作れるといいのかなと思っています。

プロフィール
俳優、映像作家、ミュージシャン、美術家、エンジニア、ダンサーなど様々なジャンルの方と協働して演劇を作るプロジェクト。これまではマルチスクリーンを利用したオンライン公演やリアルの世界とヴァーチャルの世界で同時並行に公演をし、ヴァーチャルな世界ではインタラクティブに体験をすることができる空間とそれに伴う立体音響を作り、リアルな世界ではその両方の世界を繋ぐ演出をする。前作からは視覚に頼らない演劇を作っている。
劇団HP:http://akaihoshi45.net