• レポート
  • 地域
  • 映像

3時間で映画をつくる!「ご近所映画クラブ」を開催しました

  • Archives
  • 2019.9.30

9月29日(日)、神戸アートビレッジセンターにてKOBE CINEMA PORT フェス関連イベント「ご近所映画クラブ」を開催しました!

進行・指導をしてくださったのは、remo[NPO法人 記録と表現とメディアのための組織]の皆さん。
このワークショップは、映像作家であるミシェル・ゴンドリー氏が設計し、NPO remoが実施するプログラムです。

参加してくれたのは、映画制作の経験がほとんどない10歳から67歳までのみなさん。
老若男女多彩なメンバーがチームになり《企画・計画・撮影》すべてを行いながら3時間で一本の映画をつくります。

基準は時間!決められた時間を守る、というルールのもと、ワークショップスタート!
まずは、remoの久保田さんから、映画の仕組みや映画のつくり方に関するレクチャーを受けました。

その後2チームに分かれ、どのようなテーマで映画をつくりたいか話し合い。
各々キーワードを書き出していきます。

映画づくりに欠かせないカメラマン・美術など、ひとりひとりに役割を分担します。
監督・脚本・出演者は全員で行います!

決めたテーマを軸に、あらすじ・構成表も作成。
美術係は劇中で使用する小道具やテロップを制作します。

準備が整ったら、いよいよ撮影スタート!
制限時間は約1時間です。

KAVC館内を歩き回って撮影を行います。
大量に持ってきていた小道具や衣装を身に着けて役になりきる姿も!
演技をするのは初めてという方がほとんどでしたが、皆さんかなり生き生きされていました。

時間に追われながらも、2チームともなんとか撮影終了。
映像をつなぎ合わせ完成した作品は、当館で普段映画を上映しているシアターで上映!
大きなスクリーンで自分たちのつくった映画が上映される滅多に無い機会となりました。

上映後それぞれに感想を聞いてみると、みなさん口を揃えて「時間が短くて大変だった」と話していました。
しかしその分、チームの結束力が高まり大きな達成感があったようです。
早速次回作を期待する声も!

バタバタしつつも充実した3時間。チームで1つのものをつくりあげるという工程は、外から見ていてもとても楽しいものでした。
ご参加いただいた皆様、NPO remoの皆様、ありがとうございました!

(アシスタントA)

※KOBE CINEMA PORT フェス 2019 他の関連イベントのレポートはこちらから!